Blogs

まずはアカウントの取得から(GAで始めるアクセス解析)

Googleアカウントを開設する

Google アナリティクスは、無料で使える米Googleが提供している分析ツールです。

Googleアナリティクスのアカウントを開設するためには、Googleアカウントを取得する必要があります。Googleアカウントを取得すると、GmailやGoogle+なども同じIDとパスワードで利用することができるようになります。既にGmailなどGoogleのサービスをご利用の方は、そのログイン用のメールアドレスとパスワードを使うこともできます。

Googleアカウントの開設はこちらから

Googleアナティクスの公式Webサイトにアクセスする

Googleアカウントを用意できたら、まずGoogleアナリティクスの公式Webサイトにアクセスします。

Googleアナリティクスの公式Webサイトはこちらから

「アカウントを作成」をクリックし、作成したGoogleアカウントのメールアドレスとパスワードを入力をしてログインボタンをクリックすると、Googleアナリティクスのサインアップページが表示されます。

サインアップページを確認

Googleアナリティクスの使い方が極シンプルに表示されているサインアップページが表示されます。

このサインアップページにある、お申込みボタンをクリックし次へ進みましょう。

アカウント名、URL、日時を計測する国(時間帯)を入力する

新しいアカウント作成ページが表示されました。

  1. トラッキングの対象
    まずは、計測をしたい対象で「ウェブサイト」を選択します。
    ※「モバイルアプリ」はアプリの解析をするときに選択します。通常のブログやホームページを計測する場合は「ウェブサイト」を選択してください。
  2. アカウントの設定
    「アカウント名」は、いま作成している新しいGoogle アナリティクスのアカウント名を入力するか、または管理のしやすい名称を自由に入力してもかまいません。
  3. プロパティの設定-ウェブサイト名/アプリ名
    計測対象が「ウェブサイト」の場合、「Webサイト名」は計測するWebサイトの名称を記載します。
  4. プロパティの設定-ウェブサイトのURL
    その下の「WebサイトのURL」には、計測するWebサイトのURLを入力します。右側の入力ボックスには、計測するサイトのドメイン(サブドメイン)を入力。末尾にスラッシュは必要ありません。
  5. プロパティの設定-業種
    「業種」は、上記で入力をしたサイトコンテンツにあてはまる業種を選択します。
  6. プロパティの設定-レポートのタイムゾーン
    「レポートのタイムゾーン」は、通常日本のサイトであれば、「日本」を選択するのが無難です。そうすれば日本標準時をベースにレポートされます。ここを誤って選択すると、計測対象Webサイトをユーザーが閲覧している時刻が正確でなくなってしまうので気をつけてください。
  7. データ共有設定
    検索連動型広告であるGoogle AdWordsとデータ連携する場合は、「他のGoogle製品とだけ共有する」をチェックしておきましょう。
  8. トラッキングIDを取得
    最後に、「トラッキングIDを取得」ボタンをクリックします。アカウント開設まで後一歩のところまできました。

サービス利用規約を確認する

Googleアナリティクスの利用規約ページが表示されます。

プルダウンで「日本」を選択し、日本語で記載されている利用規約を確認します。この内容で承諾するなら、「同意する」をクリックします

上記の手順で見事、あなたのGoogleアナリティクスのアカウントが開設されました。

次回のブログではGoogleアナリティクスでWebサイトを分析するために必要になる、サイトへのトラッキングコードの埋め込みについてお話します。

tanadaまずはアカウントの取得から(GAで始めるアクセス解析)