Blogs

トラッキングコードの設置(GAで始めるアクセス解析)

Google アナリティクスは、無料で使える米Googleが提供している分析ツールです。

前回のブログでは、Googleアナリティクスアカウントの開設方法について記載しました。今回のブログでは、Googleアナリティクスで分析をするために必須となる、トラッキングコードの設定方法について解説します。

トラッキングコードって?

トラッキングコードとは、英語のトラッキング(tracking)が「跡をたどる」「追跡する」などの意味があることから分かるように、サイト訪問者の情報を取得するためのコードです。このコードをアクセス解析をしたい各ページに埋め込んでおく必要があります。

Googleアナリティクスはタグ形式(Webビーコン)でデータ取得

Googleアナリティクスが採用しているトラッキング方式はタグ形式(またはWebビーコン式)とよばれる方法です。

タグ形式のアクセス解析では、あらかじめ必要なデータを定義しておき、そのデータが取得できるように各HTMLにタグ(多くの場合はJavascriptタグ)を埋め込みます。
この埋め込まれたタグが各データを送信し、アクセス解析サーバは送信されたデータをもとにアクセス状況を解析するため、計測したいすべてのページにタグを埋め込んでおく必要があります。

Googleアナリティクスでは「トラッキングコード」がこのタグにあたります。

Googleアナリティクスでは訪問者がどこから来たのか、どのような検索キーワードを使ったのか、どのようなOSやブラウザーを使っているのかという情報や、サイト内でどのページからどのページに移動し最終的にどのページから出たのかといった基本的な情報を取得するトラッキングの他、イベントトラッキングやeコマーストラッキングを使用してより高度な分析をすることも可能です。

トラッキングコードの取得

それでは、設置するトラッキングコードの取得方法について記載していきます。

  1. まずはGoogleアナリティクスにログインして下さい。
  2. 画面上部の「アナリティクス設定」と書かれたリンクをクリックして下さい。(「アナリティクス設定」画面が表示されます。)
  3. トラッキングコードを取得したいプロパティ(ほとんどの場合、サイト名のことを指します)を選択して下さい。
  4. 画面中央のプロパティのエリアで「トラッキング情報」と書かれたメニューをクリックして下さい。
  5. その中から「トラッキングコード」と書かれたメニューをクリックして下さい。
  6. 「トラッキングコード」画面が表示されます。画面に表示されているのがトラッキングコードです。
    ※このボックスの中のすべてがトラッキングコードであり、先頭が <script> で始まり、</script> で締めくくられています。

このコードを対象のサイトのアクセス解析を行う全てのページに設置していくことになります。

トラッキングコードの設置

Webサイトを計測するため、実際にトラッキングコードを計測したいページに設置します。

  1. 先ほど取得したトラッキングコードをコピーします。
  2. コピーしたトラッキングコードをアクセス解析の対象とする全てのHTMLコードページにペーストします。
    ペーストする場所は、HTMLコードの</head>よりも前の部分です。
    トラッキングコードを記述したファイルをアップロードすればトラッキングコードの設置は完了です。

また、テンプレートを使用してサイトのページを動的に生成する(PHP や ASP などの技術を使用する)場合は、共通ヘッダに設置したり、トラッキングコードをペーストしたファイルをページヘッダー等でインクルードして設定してもよいです。

トラッキングコード設置の確認

トラッキングコードを設置すると自動的にアナリティクスの方で検知され、トラッキングコードのステータスメッセージのトラッキングID付近に「ステータス: データを受信中」と表示されます。
※ステータスが変わるまでに少し時間がかかることがあります。
ステータスに変化がなくても正しくトラッキングコードが設置されていればすぐにデータの取得は開始されているのでご安心を。

それでは、いよいよデータ解析本番。次の記事からは、取得したデータの表示方法や、どのようなことを意味している数値なのかについて解説していきます。

tanadaトラッキングコードの設置(GAで始めるアクセス解析)