Webサイト高速化

既存サイトのパフォーマンス改善

apache MySQL を中心としたWebサイトチューニングのコンサルテーションもご提供しています。

大規模サイトの開発経験と、インフラ・データベース・キャッシュの技術を生かして総合的にチューニングいたします。

  • 表示を早く

    最新のキャッシュ技術を駆使して画像が多くても表示の早いページに

  • データベースチューニング

    oracle、mySQLに関する豊富なノウハウをもとに、最適化

  • 大量のアクセスをさばく

    アクセスの多いサイトでも重くならない、落ちない構成をご提案します

資料請求・お問い合わせ

表示速度による影響

米フォレスター・リサーチの調査データ

0

Webサイトのパフォーマンスに不満を感じた場合、79%のユーザーはそのサイトで二度とショッピングをしない。

0

52%のユーザーは、Webサイトのパフォーマンスがサイト利用にあたり重要な要素だと考えている。

0

Webサイトでのショッピング中に買い物を中断したユーザーの33%は、サイトのパフォーマンスに不満を感じている。

0

多くのユーザーはページの読み込みにかかる時間として2秒以内を期待しており、40%以上のユーザーは4秒以上待てない。

企業サイトによる調査データ

表示速度が 0.5秒遅くなると、検索数が20%減少する。

- Google

表示速度が 0.1秒遅くなると、売り上げが1%減少する。

- Amazon

2秒のレスポンスタイム低下はユーザーあたり4.3%の売上低下を招く。

- Bing

パフォーマンスチューニングブログ

tmarunakaWebサイト高速化