レガシーjavaリニューアル

メンテナンス可能なシステムへ

開発の止まってしまったフレームワークやサポートの終了したフレームワークを使用しているシステムにお悩みではありませんか?

インターオフィスの提案するレガシーJavaリニューアルは、フレームワークの移行を中心とした必要最低限のシステム刷新。マイグレーションコストを肥大させがちな要件定義等はあえて行わず、今あるシステムを新しいフレームワークに移行させ、メンテナンス性とUIの改善を図ります。

開発が止まり、セキュリティーホール問題を抱えているStrutsをSpringMVCに変換するサービスです。自社開発の専用ツールを使って開発工数を削減いたします。

サポートが終了したFlex2,3をHTML5+CSS3の最新Webに変換するサービスです。Flexの豊富な開発経験をもとに、現在全体的なトレンドとなっているHTML5に移行します。

資料請求・お問い合わせ

yamanakaレガシーjavaリニューアル