Struts to Spring

開発の止まってしまったStruts上で開発してきたシステム。セキュリティーホール対策が急がれる中、技術者を確保して独自でメンテナンスを続けていくのも、企業にとっては大きな負担です。

Struts1は2013年4月にEOL(End-Of-Life)を宣言され、今後開発元からはセキュリティパッチやバグ修正は提供されません。つまり、今後発生するバグ・脆弱性などの問題に対しては、すべて導入者側が対応しなければならないということです。Struts 1で作られたアプリケーションやウェブサイトは新しいフレームワークに移行する差し迫った必要があります。
インターオフィスでは古いStrutsから、開発の活発な最新フレームワークのデファクトスタンダート、
SpringMVCへの移行をおすすめしています。

インターオフィスのフレームワーク移行の特長

自動化でコスト削減

JSP・アクション・ホームといった比較的共通性のある部分の移行は自社開発の変換ツールにより自動的に行います。これにより、開発工数を削減し、納期・コストの縮小につなげます。

要件定義はいらない

通常の移行作業では、システムの要件定義から始めるため、時間も工数も多くなりがちですが、現状のシステムをそのまま変換することで、変更の必要がない部分について無駄な要件定義をする必要がなくなります。

SpringMVC

SpringMVCはSpring開発当初からあるコンポーネントで、現在も活発に開発が行われています。最新フレームワークのデファクトスタンダードとして、多くのシステムで使用されています。

資料請求・お問い合わせ

yamanakaStruts to Spring